ライザップ お問合せ窓口の担当者はプロだ

娘の行動の速さは、私譲りかもしれません。…なーんちゃって。

次の瞬間。

ライザップに電話してました。

すごいですね、ライザップの電話対応。

Pちゃん
あのー、ちょっと聞きたいんですけど

・・・かなりテンションが低い。しかも、ふてくされている。

いったんこ
もう少し、明るくしゃべりなさいよ

と、脇から助言。

でも、ライザップのお問い合わせ担当者・・・教育されているんでしょうな。

娘のテンションがどんどん上がってくるぞ。

身振り手振りで、「私はこうなりたいのよーう」的なことを、訴えている。

娘の情熱もさることながら、「ライザップすごいな!」と感じてしまった。

こんな叫びのような問い合わせまで受けるんだねー。

Pちゃん
はい、30㎏痩せたいんです。はい、お盆まで

いったんこ
ぐぇ、それは無理だろう。相手も断るぞ、そんな無理難題だ

電話は5分を優にこえていて、電話を切った時の娘の表情は、星がキラキラしているような。

Pちゃん
うわーん。優しい。ライザップの人。いろいろ相談しましょう。って言ってくれたよーん

いったんこ
プロだもん。あなたは無理・・とは言わんよ。

教育されているんだろうなーと思いました。

痩せたい人の気持ち。今度こそという期待感を受け止めて、来店につなげる。

やっぱり、結果にコミットすると言いきる会社はすごいぞ。

よく「ライザップ罠にはまった」というような表現をする人がいらっしゃるけど、この対応やシステムに救われる人もいるのです。

お客様ファーストで、目的がある人が料金に納得して入会するのだから、罠も減ったくれも無いと思うんですが。

いったんこ
なんだって?

Pちゃん
うん、お店に行くことにした。お父さん一緒に行ってね。今度の土曜日だから

げんさん
まず、話をきいてこよう

いったんこ
ふふん

夫の興味は、ライザップの施設にあると見た。

ライザップのCMはテレビで何度も見ます。

結果にコミットした方々の体は・・それは素晴らしいですね。

女性でも筋肉質な体は、とてもセクシィー。

冷やかしで「筋肉バカ」という言葉も聞きますが、それは「隠れた努力」を知らないからですよ。

最近はそう思えるようになりました。

グルコサミン・コンドロイチンも大切ですが、筋肉です。筋肉。

私のあおりが効いたのか、娘はアッという間にライザップに電話をして、来店予約まで取り付けました。

どうやら混んでいるようです。

一週間ほど先の面談予定。

でも、もうすでにトップギアに入っているようで、「トレーニング開始まで少しでも体を軽くする」という目標のもと、夜のウォーキングをスタートさせたのであります。

そんな夜の散歩に付き合う孫と彼。

その二人を「エンジェル」と呼ぶ娘・・不思議な世界観だ!

いったんこ
でも、男二人の食事はどうなるんだろう?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする